• ホーム
  • タミフル服用によって起こる異常行動の関連性

タミフル服用によって起こる異常行動の関連性

薬を持っている人

現時点では、インフルエンザの治療に際して画期的な抗インフルエンザ薬とされているタミフルは、インフルエンザの症状を早く改善してくれるため重宝されており、実際に多くの現場で処方されています。
しかし、良い面ばかりではなくとにかく猛威を振るうインフルエンザの対策として作られたため異常行動などの副作用が起こるという不安な面もあります。

タミフルは、インフルエンザウイルスに対して非常に効果の高い薬ではあるものの上述したように異常行動との関連性が高まっているという実情があります。
効果的である一方、一部では使用に関して疑いの目を持たれる場合もあり一刻も早く対策を講じてほしいとしている医療現場もあるほどです。
しかし、タミフルと異常行動についての関連性は不明確な点が多いため決定的な答えが存在していないというのが現状です。
タミフルを取り扱う際のマニュアルには妄想やせんもう、痙攣や嗜眠といった精神や神経症状が現れることがあると記載されています。

これは、ニュースなどで報道されている異常行動を指していると言えるものの症状が起こる頻度は不明としているため明確な答えではありません。
タミフルが要因とも考えられますが子供は高熱を出した際などに異常行動とはいかないものの、普段とは異なった行動を行うことがあります。
インフルエンザの場合は特に高熱になるため熱性せんもうという幻視や幻覚、幻聴をみることがあります。
子供はこのような症状と現実の区別がつかず、異常行動をとってしまうこともあります。
こうしたことから、タミフルの副作用として引き起こされる異常行動はタミフルのみが要因とは言い切れないのです。
そのため、タミフルを服用した際はもちろん通常の風邪でも高熱が出た場合は近い距離で監視するようにしましょう。